ペニス増大サプリに含有されるヨヒンビンの働きとは

血管拡張作用を期待できる

ペニス増大サプリにはヨヒンビンが配合されたタイプがあります。血管拡張作用を有しているため、陰茎海綿体の膨張を促進する働きがあります。アミノ酸のシトルリンと似た作用があり、ペニス増大サプリなどの健康食品に活用されているのです。また勃起不全の治療薬として研究された過去があるため、シトルリンより機能性は高いと考えられます。勃起不全を解消するためには性欲をアップさせればよいと考える人がいますが、性欲やスタミナの増強より大切なことがあります。

それは血流の流れを促進することで、これが勃起力を高めるための要になるのです。性的興奮を覚えたときにペニスは硬くなりますが、組織内部に骨格が入っているわけではありません。硬くなる正体は陰茎海綿体にあり、スポンジのような組織に血液が集まることで硬く大きくするのです。

勃起不全の原因は複数ありますが、いずれも血行不良が引き金になっています。そのため生活習慣病に由来する勃起不全においてもヨヒンビンを配合したペニス増大サプリが役立ちます。

心因性の勃起不全にも作用する

ヨヒンビンはセロトニンに作用する働きがあることから、心因性の勃起不全に悩んでいる人にもおすすめです。ペニス増大サプリの最大の目的は血流促進にありますが、大抵のサプリは複数の成分を配合しています。ヨヒンビンが配合されたタイプは血流促進に加えて、ストレス調整などの作用も期待できるでしょう。ペニス増大サプリを選ぶときは、自分に必要な成分を配合していることが一番のポイントです。

ヨヒンビンを服用するうえで注意したいのは、大量に摂取すると副作用のリスクがあることです。興奮や震え・動悸などの症状が発生することがあります。ペニス増大サプリの定番成分であるシトルリンと比較すると、注意して摂取するべき成分でしょう。シトルリンに関してはアミノ酸の一種であるため、副作用が発生する心配はありません。成分を摂取するリスクがなく、ベネフィットだけを期待できることから多くのペニス増大サプリに活用されています。

まとめ

ヨヒンビンは勃起不全の治療薬や健康食品に活用されてきました。血管を拡張する作用があるので、性的興奮に対して十分な勃起力を得られない人におすすめです。陰茎海綿体を効果的に膨張させて、若いころのたくましい下半身に変えてくれます。

心因性の症状にも作用するので、心因性の勃起不全に悩んでいる人も試してみてください。摂取における注意点は、同じ血管拡張をコンセプトにしたシトルリンと比較して副作用が発生する可能性が大きいことです。