ペニス増大サプリで貧血になる

なぜサプリを飲んで貧血になるのか?

ペニス増大サプリを服用した方の中には、貧血の症状を起こしてしまう方もいます。ここで問題になるのが、なぜペニス増大サプリを飲んだだけで貧血になる可能性があるのかという点です。症状が出る理由は、ペニス増大サプリに亜鉛が含まれているからです。

そもそも亜鉛というのは、体にとって大切なミネラルの1つです。不足すると精子の減少や味覚障害などを引き起こす可能性があります。不足すると問題がある一方で、過剰に摂取した場合にも注意が必要です。過剰に亜鉛を摂取するもしくは長期間多く摂りすぎると、体にとって必要な銅や鉄分の吸収を妨げます。銅や鉄分の吸収を妨げた結果、貧血だけではなく歩行障害を引き起こしてしまう可能性もあります。

もしも亜鉛が配合されているペニス増大サプリを摂取したいなら、量に注意することが大切です。目安としては1日の摂取量を45ミリグラム以下にしましょう。摂取の目安量を守ることで、副作用のリスクを下げられます。

注意するべき点を確認する

亜鉛が配合されているペニス増大サプリを摂取すると、状況によっては副作用として貧血の症状が出る可能性もあります。亜鉛の過剰摂取が原因だからこそ、実際にペニス増大サプリを選ぶときには成分量に注目することを忘れないようにしましょう。

また1日の亜鉛の摂取目安量が45ミリグラム以下と聞くと、サプリの配合量が45ミリグラム以下なら問題ないというイメージを持つ方もいます。しかし亜鉛の摂取目安量というのは、1日のトータルでの話です。亜鉛はサプリだけに含まれているわけではなく、肉や玄米など多くの食材にも含まれています。そのため日常の食事で十分な量を摂取できていたら、ペニス増大サプリを飲むだけで過剰摂取になるので注意しましょう。

ペニス増大サプリを服用したいときには、ペニスを大きくするために自分の生活の中で不足している成分を考えるところから始めることが大切です。不足している成分をサプリで補うことで、貧血などのリスクを減らすことにつながります。

まとめ

ペニス増大サプリを服用するときに注意が必要となるのが、亜鉛の過剰摂取による貧血などの副作用に注意するという点です。亜鉛の1日の摂取目安量は45ミリグラム以下になるので、その数字に気を付けて生活しましょう。

1つ注意が必要なのが、亜鉛は普段の食事からも摂取できるという点です。普段の食生活を振り返って、亜鉛が十分に摂取できている方もいます。自分の食生活を考慮したうえで、どのような成分のペニス増大サプリが必要か考えていくことも大切です。

ペニス増大サプリで喘息が悪化する

喘息の持病がある方は慎重に

ペニス増大サプリを服用して喘息が悪化してしまうことが稀にあります。
持病の喘息がある方はペニス増大サプリを服用してもいいかどうかについて、医師に相談するようにしましょう。
喘息のアレルギーがある方は腸の壁が傷ついていることもあります。アミノ酸に分解出来ないアレルギー原因のアレルゲンが腸粘膜から体内に入ってしまうことがあるため、喘息などのアレルギー発作を引き起こすこともありますので注意が必要です。
ペニス増大サプリの中には、喘息を悪化させてしまう原因にもなるシトルリンやアルギニンなどの成分が含まれていますので、発症率が高くなるため、ペニス増大サプリを摂取したことによって喉にある空気の通り道でもある気道が炎症を起こしてしまうケースもあります。
これから初めて服用する方はもちろんのこと、過去にペニス増大サプリで発作が出てしまった方は、服用できるかどうかを医師に必ず相談した方がよいです。

子供時代の喘息が治っている方も注意が必要

喘息は女性よりも男性がかかる率が高い傾向があります。特に子供の喘息は男性が多く、その原因はアレルギーによるものです。小学高学年になると発作が治まり、喘息が治ることもありますが、大人になってから治っていても、ペニス増大サプリを服用することは慎重になった方がよいでしょう。
喘息が原因となるものには、ダニやハウスダスト、食べ物や花粉などアレルゲンとなるものがあります。アレルゲン以外にも運動やタバコ、ストレスや風邪、香水の匂いが引き金となり、喘息になってしまうこともあるので、注意したいところです。
ペニス増大サプリは、アミノ酸の一種であるアルギニンとシトルリンも含まれていますので、薬の成分が強すぎて、体に合わずアレルギーが出現する可能性もあるかもしれません。液体状のものや顆粒状のペニス増大サプリの場合、薬の成分が気道に炎症を起こし、咳が止まらなくなってしまうこともありますので、注意しなければなりません。

まとめ

ペニス増大サプリを服用して喘息が悪化してしまうことがありますので、注意する必要があります。喘息の持病がある方は、服用出来るかどうかを医師に相談しましょう。子供時代に喘息があり、完治した方もペニス増大サプリで喘息が悪化してしまうこともあるかもしれません。アレルギー発作はアレルゲン以外にも引き金になることがあります。薬の成分が気道に炎症を起こし、咳が止まらなくなる喘息の発作が起こることも考えられます。

ペニス増大サプリで痛風になる

何故痛風になってしまうのか

ペニス増大サプリは正しく服用しなければ痛風になってしまうことがありますので、気を付けましょう。
何故、痛風になってしまうのか、その理由はペニス増大サプリに含まれているシトルリンやアレルギニンという成分です。
ペニス増大サプリの中に含まれているこれらの成分は、
男性器の性能を高めてくれる効果がありますので、正しく服用すれば問題はありません。
アルギニンという成分はアミノ酸の一種です。精子の数を増やし、勃起不全を解消することが可能です。
シトルニンもアミノ酸の一種なのですが、摂取すると体内でアルギニンに変換されるため、血液中のアルギニンが1.6倍に増加するため、ペニス増大サプリを規定量以上に服用することで、痛風になってしまうのです。
高濃度の成分が含まれているペニス増大サプリの場合は、痛風が出てしまう可能性がありますので、アルギニンとシトルニンが他のサプリメントと比べて多く含有されているものには、気をつける必要があります。

規定量は必ず守りましょう

ペニス増大サプリは必ず規定量を服用するようにしましょう。欲張ってもっと大きくしたいと思ってペニス増大サプリをいつもの倍服用してしまうと、痛風がでやすくなります。
痛風は、体の中で乳酸が溜まってしまい、それが結晶となってしまうため、激しい関節炎を伴うこともあるでしょう。
痛風の症状には、足の親指の付け根部分が痛くなったりします。この痛みは耐えがたい痛みで、痛風発作と呼ばれるぐらいのものです。また腎臓が悪くなったり、尿路結石が出来ることもありますし、尿酸値が高くなると心血管に問題が出てくることや脳血管障害が起こることもあります。
特に男性は20歳を過ぎる頃になると痛風にかかりやすい傾向がありますので、ペニス増大サプリは必ず規定量を守ることが大切です。
痛風になりやすい遺伝を持っている方は、残念ながらペニス増大サプリを服用するのは止めておいた方がよいかもしれません。
ペニス増大サプリを大量に服用して、痛風の症状が出てしまった方は医師に相談しましょう。

まとめ

ペニス増大サプリには痛風になりやすい成分、シトルニンとアルギニンが含まれています。ペニス増大サプリを服用する際は、必ず規定量を守るようにしましょう。
男性は20歳を過ぎると痛風になりやすい傾向があります。痛風は体内で尿酸が溜まってしまう病気です。
足の親指の付け根が痛くなったら痛風を疑った方が、よいかもしれません。ペニス増大サプリを大量に服用して痛風の症状が出てしまった場合は、医師に相談する必要があります。

ペニス増大サプリで腹痛や下痢になる

ペニス増大サプリは欲張って多く摂取しない

せっかくペニス増大サプリを始めるのだから、早く効果が出したいと思って規定量以上に服用してしまうと、腹痛や下痢になってしまうことがあります。

ペニス増大サプリの中には、亜鉛という成分が含まれています。一日に必要な量は成人男性の場合10ミリグラムですが、ペニス増大サプリのアメリカの上限摂取量は150ミリグラムと非常に高いです。ちなみに日本の上限摂取量は成人男性で40から45ミリグラムです。

海外のペニス増大サプリを服用する際は、亜鉛の獲り過ぎとなってしまうため、注意が必要です。亜鉛の中にはセレンという成分が含まれており、ミネラルの一種です。

セレンという成分を過剰摂取することによって、中毒症状が出ることもありますし、慢性的に過剰摂取することによって、筋肉のけいれんや関節痛、腹痛や下痢になってしまうことがありますので、注意しましょう。
セレンには毒性があります。多量摂取になると中毒になることもあります。

シトルリンやアルギニンが多いものは注意

ペニス増大サプリは効果が、絶大な海外製品のものが個人輸入代行サイトなどで購入できるものもあります。どちらも規定量を守れば副作用はほとんどありません。シトルリンやアルギニンは海外製品の場合、含有量が高いこともありますので、どのくらいの成分が含まれているのかをチェックして購入した方がよいです。

シトルリンの1日の推奨摂取量は800ミリグラムで、アルギニンは2000ミリグラムから4000ミリグラムです。シトルリンもアルギニンも精力増幅効果がありますが、過剰摂取することによって、下痢や腹痛が起きてしまうため、過剰摂取をしないようにしましょう。

ペニス増大サプリを多く摂取した場合も、効果が高まるというわけではありません。用量を大幅に超えてしまうと、下痢や腹痛などの副作用が起こる場合があります。
サプリを選ぶ際は、成分量や品質、安心できる製造元かどうかを確認し、安全な製品を選ぶことが大切です。

まとめ

ペニス増大サプリは過剰に摂取しすぎてしまうと、腹痛や下痢などの副作用が出てしまうことがありますので、規定量を必ず守って服用するようにしましょう。亜鉛やシトルリン、アルギニンが多いものは、過剰摂取することによって副作用の腹痛や下痢が起こることもあります。
サプリを選ぶ際には、製造元を確認し成分量や品質を確認して、安全な製品を選ぶようにしましょう。海外製品の場合、含有量が高いものがありますので、含有量があまりにも高いものは服用しない方がよいです。